陶芸作家の手造りの 抹茶茶碗を買うならココ ♪

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前のとうり山奥となります。
そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に
工夫をして窯を作りました。自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

サイズ
直径11cm×高さ9cm
素材
陶器(木箱付き)
特長
虹の様な色彩の珍しい抹茶茶碗
文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の確かな作陶技術と使い心地の良さ!

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。

陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか?
美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。
陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします
荒川明の2013年の評価額が78万円となっております。
難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。

お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。